東日本大震災から10 年: 学んだ教訓

2011 年の東日本大震災とそれが引き起こした津波は、1 万8 千人の尊い命を奪い、甚大な被害をもたらしました。

主なポイントは次の通りです:

  • T2011 年の東日本大震災は、マグニチュード、震度ともに関係諸機関の想定最大値を超えていた。
  • 地震と津波による経済的損失は、世界の自然災害による損失で過去最大となった。
  • 東日本大震災の経験は、日本の既に高い防災基準をさらに引き上げることに繋がった。
  • この経験は、保険会社が津波などのセカンダリーぺリルを災害モデリングに取り入れ、リスク評価を向上する契機となった。
  • 一方、日本には 250 億米ドル相当の地震プロテクションギャップが存在し、その規模は世界で2番目に大きい。
  • 将来の地震リスクに対し、家計・ビジネスのレジリエンス向上を後押しするには、保険商品の更なる普及が必要である。

Economic Insights 東日本大震災から10 年: 学んだ教訓