Tab navigation

ホーム

現在、私たちは、新たな技術が、その日常生活の隅々まで融合していく、まさに激変の時代に生きています。私たちの健康、生活水準、さらには社会的なつながりのあり方に影響する多くのイノベーションが、その恩恵としてもたらされています。同時に、新たな技術の獲得は、私たち人間についてより深く知ることも可能としました。今日では、こうした技術による視覚認識、身体機能の一部補完、さらには言語理解などの実用化が進み、個々の判断のサポートを含む高次の補完機能を担いはじめています。一方、生体情報や遺伝子情報といった非常に個人的なデータがますます収集可能となる今日において、私たちは、個人、または社会の一員として、この変化にどの程度対応できているのでしょうか。

この度は、 スイス・リー アニュアルフォーラム "We are One: The Era of Human Information" にご招待申し上げます。今回のフォーラムでは、新たな技術を通して理解可能となる私たち人間に関する情報がもたらす、根本的な変化について検討します。

基調講演では、早稲田大学 理工学術院の尾形哲也教授にご登壇いただきます。尾形教授には、人間の情報、ロボット工学、そして人工知能研究を統合することで、何が可能となるのかについて、最先端の事例のご紹介とともに、今後のビジョンを共有していただきます。尾形教授は、産業技術総合研究所人工知能研究センター特定フェローでもあり、深層学習活用による多様なロボット動作とその影響について、社会実装を通して研究する第一人者でもあります。

それに先立つ各セッションでは、視覚・生体認証、自然言語処理、先端生命医科学の分野を牽引されている専門家をお招きし、各分野における人間情報の理解がもたらす大きな可能性について考察します。また、それに続くパネルディスカッションでは、どのようにこうした情報が利活用され、今後どの程度社会に受け入れられていくのかについて議論します。

当日は皆様との意義ある対話を通じて、この変化する社会に新たな保険を提供し続ける皆様の更なる事業発展に対し、パートナーとして貢献できることを、弊社一同、心より願っております。

皆様とフォーラムにてお会いできますことを、楽しみにしております。

ジェーン・プランケット          百々敦浩
スイス再保険会社                       スイス再保険会社
アジア再保険CEO                        日本における代表者