Tab navigation

ホーム

1400年近くにわたり、日本社会の息吹と希望の象徴であり続けた元号。それは、我々の未来を紡いできました。絶えず変わっていく世界の中で、新しい令和の時代は、我々とそして若い世代にとって、持続可能でレジリエントな共生社会を実現することができる未来の約束でもあります。

今、世界は経済成長の鈍化、高齢化、気候変動、技術の革新など、複雑で相互に絡み合ったリスクの数々に直面しています。個人として、企業として、そして社会として激動の時代をしなやかに生き抜く能力が問われているのです。環境の変化を乗り越え、ビジネスモデルの持続可能性を確保するには、どのような戦略を構築する必要があるのでしょうか。健康問題を抱えた人々や介護を担う人々を思いやる、よりインクルーシブな社会を実現するために、個人としては何ができるのでしょうか。

今年のスイス・リーのアニュアル・フォーラム「Societal Resilience: A Harmony of Strength and Agility」に是非ご参加ください。今回のフォーラムでは、強靭かつ俊敏でレジリエントな社会を構築するための先進的な戦略を探っていきます。

今回は基調講演者として、国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問の末吉竹二郎様をお招きしています。末吉様には、持続可能な開発目標(SDGs)とパリ協定が企業にとってどのようにゲームチェンジャーとなるか、および社会の強靭化において保険・再保険が果たすことのできる役割について知見を共有していただきます。UNEP FI運営委員会のメンバー、およびこの分野の第一人者としてご活躍の末吉様は、さまざまな政府審議会、セミナー、大学や学校で、環境問題や企業の社会的責任(CSR/SRI)に関する教育目的のスピーチを数多く行っておられます。さらに、気候変動イニシアティブの代表や、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクトの理事も兼任されています。

このほかにも各分野で一流の専門家をお招きしたセッションでは、環境との調和の追求、投資のためのESG枠組み、認知症フレンドリー社会の構築に向けて取り組む方法についてお話しいただきます。

夜はカクテル・レセプションにもぜひご参加ください。レセプションでは皆様との実りある対話を通じて、より強靭で俊敏かつレジリエントな社会を共に構築するためのパートナーシップを強化したいと願っております。

皆様とフォーラムにてお会いできますことを、スイス・リーのスタッフ一同楽しみにしております。

ラッセル・ヒギンボサム
アジア再保険CEO
スイス再保険会社

百々 敦浩
日本における代表者
スイス再保険会社