4/2018: 損害保険事業の収益性:ギャップに注意

損害保険市場のプライシング(料率)サイクルは変曲点に到達したようであり、料率ハード化の兆候がいくつか見られる。しかし全体的に見ると、主要市場の大部分において収益性は依然として平均以下の段階にとどまっている。

ここ数年における収益性の低下は、ソフトな保険引受サイクルと脆弱な資産運用成績、そして高水準のキャピタルファンドを反映したものである。2017 年下半期以降に見られる保険料率の穏やかなハード化にもかかわらず、現在の収益性不足を是正するには更なる努力が必要であることをスイス・リー・インスティテュートの分析は示している。

シグマ2018年第4号

損害保険事業の収益性:ギャップに注意