6/2017: 保有生命保険契約の管理:消費者価値と長期的な収益性の改善

生命保険会社は長期的な持続可能性を確保するために顧客との強力な関係を維持する必要がある。保険会社は、より価値の高い商品を提供し、継続率を引き上げ、クレーム管理を改善することによって、ますます既契約者との関係改善に重点的に取り組むようになってきた。このように新契約よりむしろ既存契約を一段と重視するのは、顧客経験を改善し長期的な収益性を高めることが目的である1。保有生命保険契約における利益は、慎重な資産運用管理や自己資本の最適配分およびオペレーティング・コストの削減によって高めることができる。このような行動によって、保険カバーの提供コストを低減させ、顧客に対して価格を引き下げることが可能となる。

保有生命保険契約の管理:消費者価値と長期的な収益性の改善

Get the publication