フォワード・ルッキング・モデリング – 急速に変わり続ける世界で成功するための鍵

社会および産業のデジタル化やグローバル化は、賠償責任保険のポートフォリオにおける潜在集積リスクを増やしながらリスク構造をますます複雑化し、リスク同士の繋がりを強めています。過去は、もはや将来を見るための良好な予測因子にはなりません。スイス・リー独自のフォワード・ルッキング・アプローチは、リスクエクスポージャーをモデル化するためのシナリオを使用し、保険会社の賠償責任保険ポートフォリオの管理、また確実に新しい市場やビジネス分野の拡大へと踏み出す支援となるものです。最終的には、想定外の変化や危機を回避し回復力のより高い世界を構築することで、より持続可能な賠償責任の環境を作り出す助けとなることを目指しています。

スイス・リーのカジュアルティー部門の最高責任者であるジェーン・プランケットは次のように述べています。「フォワード・ルッキング・モデリング(FLM)は、変化し続ける経済、社会、法律の動向の観点において、保険会社が現在および未来の賠償責任エクスポージャーの理解と管理を向上させることに役立ちます。」

FLMは従来のデータ分析や予測モデリングを超え、未知のエクスポージャーをモデル化するためのシナリオや構造化された因果連鎖を用いたモデリング技法です。スイス・リー独自のこのアプローチは、過去の保険金請求データを用いるのではなく、損害シナリオからスタートします。

スイス・リーのカジュアルティー研究開発部門の最高責任者であるフィリッポ・サルゲッティは次のように話しています。「スイス・リーでは、建物設備やお客様の所在地など、リスクの発生源となる全ての環境や法域にわたるシナリオを走らせ、経済的・法的環境などのリスクドライバーを検証します。これによって、保険請求の発生を待つことなく、リスクドライバーにおける変化または動向による影響を予測・測定することが可能となります。」 

スイス・リー独自の賠償責任リスク・ドライバー™モデルは、お客様が市場やセグメントにおいて確信をもって成長する助けとなるために、スイス・リーがどのようにFLMを活用しているのかを示す端的な例です。

お客様が持つ豊富な市場知識にスイス・リー独自のFLMアプローチとグローバルな視点を組み合わせることにより、賠償責任エクスポージャーの理解が深まり ます。私たちスイス・りーは、新興市場における確固とした成長とリスク選択の向上の助けとなり、競争的優位を保てるパートナーシップのためのソリューショ ンをお客様と共に構築していきます。


Casualty

Swiss Re's Casualty teams translate global expertise and local knowledge into tailor-made solutions for clients across the globe. Our portfolio is well positioned for future growth, backed by a highly...

Read the whole story

Demand for cyber insurance on...

Following several high-profile cyber security breaches over recent years, a growing number of corporations perceive cyber as a high risk. Swiss Re therefore expects the demand for cyber insurance to rise....

Read the whole story