三井住友海上グループホールディングス、Swiss Re CSR 賞を受賞

2009年11月 11月9日にシンガポールで開催されたアジア保険業界賞(Asia Insurance Industry Awards)の授賞式において、三井住友海上グループプホールディングスがSwiss Re CSR賞を受賞しました。

三井住友海上グループホールディングスの受賞は、国際的な業界のリーダ-、専門家、監督当局から構成される審査委員会により決定されました。選考の過程において、三井住友海上グループホールディングスのCSRへの取り組みとして、世界が直面している複雑な課題に対する同グループの認識を明確に表し、また、持続可能な発展に対するコミットメントを示していることが評価されました。

 

受賞に際し、三井住友海上グループホールディングスの取締役専務執行役員である藤本進氏は次のように述べています。「『CSR』という言葉が使われるようになるかなり前から、当社グループは中核事業および企業価値に合致した社会的責任を推進してまいりました。このたびの受賞は、当社が事業を展開する市場において、社会に貢献するという姿勢が認められたものと考えております」

 

三井住友海上グループは、7つの主要なステークホルダー、すなわち顧客、株主、国内および海外のコミュニティ、ビジネス・パートナー、従業員、代理人そして環境との間に信頼の絆を構くことをコミットメントの中心に据えています。

 

長年にわたり、三井住友海上グループはアジア地域でいくつもの社会的責任プロジェクトを率先して実施してきました。三井住友海上アジアの最高経営責任者であるアラン・ウィルソンは、さまざまなCSRの取り組みに携わる背景について次のように述べています。「私たちは当社が事業を展開する地域社会にとって意義のある活動をしたいと考えています。アジアにはさまざまな側面があり、多様なニーズを満たすためには異なる取り組みが必要なのです」

 

三井住友海上グループは、これまでに次のような注目に値する成果を上げています。

 

  • 2004年、人権、労働基準、環境および腐敗防止の分野におけるさまざまな問題の解決を目指す国連のグローバル・コンパクトに、日本の金融機関として初めて参加し、日本のネットワークをリードしています。
  • 2008年4月、生物多様性に関する国際的な要件を順守するために日本の企業をとりまとめる「企業と生物多様性イニシアチブ」を設立し、その会長を務めています。
  • 1975年、高齢者福祉と交通安全に焦点をあてた研究補助金を交付する三井住友海上福祉財団(MSIWF)を創設しました。この助成は日本、シンガポール、タイの学術研究者に行われています。MSIWFは現在までに2,100万米ドル以上の補助金を交付してきました。
  • 香港において、能力の発達が異なる子供たちに専門的な訓練と教育を提供する協康會(Heep Hong Society)と協力しています。2008年、三井住友海上グループは、就職を希望する自閉症の人々が職場を確保するテイラーメードの4カ月間の就職前研修プログラム、「未来のための団結」を開始しました。
  • 2005年より、ジャワ島のパリアン野生動物保護林の復興と再生のためにインドネシア政府と協力しています30。2008年現在で、かつて違法な伐採によって荒廃した山岳地域の350ヘクタールに30万本の苗木が植えられました。
  • 2008年4月、日本で「MSIG エコ smile」を開始しました。これは、従業員が環境に優しく、社会的責任を果たすライフスタイルを取り入れることを奨励する取り組みで、獲得したポイントが円に換算されます。総額で約16,000米ドルの金額が集まり、今年NPO団体に寄付されました。
  • 2008年には、(シリンドーン王女殿下の後援の下で)タイ南部のナコンシータマラート地区のBaan Kao Wang国境警備警察学校の図書館建設を支援しました。この教育面での取り組みには、コンピューターや書籍の寄付も含まれ、三井住友海上タイ支店の子供向け開発教育(DEK)プログラムの一部となりました。

藤本氏はこの賞を三井住友海上グループの社員全員に捧げたいとし、次のように述べています。「私たちが今回このような栄誉をいただけたのは、三井住友海上グループの社員全員が飽くなき情熱と努力で社会的責任を果たすべく取り組んできたためです。私たちはこれからも各地域でCSR活動を継続する決意であり、今回の賞は今後一層努力をしていく上での大きな励みになりました」

 

アジア保険業界賞(Asia Insurance Industry Awards)の授賞式は、保険業界の卓越した会社を表彰するための年に1度の祭典です。スイス・リーは2005年から CSR 賞のスポンサーとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Corporate responsibility

Corporate responsibility

We have a long-standing commitment to corporate responsibility and strive to implement this across our business. Our performance has received high ratings from independent third-party organisations.

Read the whole story

Swiss Re Milizpreis 2018

On 4 June 2018, Renato Fassbind, Vice Chairman of Swiss Re’s Board of Directors, presented the 2018 Swiss Re Civilian Service Prize to CHEIRA – Swiss Humanitarian Surgery, an association created in 2015...

Read the whole story